ホワイトデーの発祥と定着

最初は違ったホワイトデー

短い期間で変わったホワイトデー

多彩なバレンタインデーお返し競争

毎年2月14日のセント・バレンタインデーは、ローマ帝国を発祥とする説がある古い歴史を持ち、現在では多くの国共通のイベントですが、女性から男性へチョコレートをプレゼントする風習は日本独特のもので、一説によるとお菓子屋さんの営業戦略だとも言われています。しかし、一時期は思いを伝えるための手段の他に、義理チョコを配るという行為を伴い、学校や職場での円滑な人間関係を維持する役割も果たしていました。その一方で、女性の経済的、精神的負担もささやかれていましたので、男性からのお返しの意味をこめたイベントも次第に動き出しました。それが現在の3月14日のホワイトデーとなっており、女性からの本命チョコと義理チョコの区別の様に、男性からのお返しのプレゼントの品も競争が成立するようになりました。

ホワイトデーは、本命の女性にお返しをする男性側としてどの様な商品を選ぶか、センスを問われる競争が始まり、同僚などとどんな商品を選んだか、またそれを受け取った女性の反応に一喜一憂する男性も多くいました。その中には、チョコレートとは異なる菓子類の他に、アクセサリーや日用品等のある程度価格の張る商品を一緒にプレゼントするという行為が当たり前になる一方、義理チョコを受け取った男性は、何人かのグループで費用を出し合う事で、一人当たりの経済的負担を軽減することもありました。しかし、そこにはもう一つの競争も繰り広げられていました。どの菓子業界がバレンタインデーの様な主導権を握るかという菓子業界間の競争です。

三つ巴四つ巴の競争の結果の現在

ホワイトデーは始まった当初、地方によって呼び方はバラバラでした。クッキーデー、キャンディデーなど、色々な菓子業界がバレンタインプレゼントのお返しに自社の商品を使ってもらうために、それぞれ自分の業界に都合の良い名前を付けてイベントを始めました。中にはかまぼこをお返しにという練り製品メーカーもありました。そんな中、九州は福岡市博多区にある老舗和菓子メーカーが、自社が製造しているマシュマロを売りにしてマシュマロデーとし、ラジオコマーシャルを始めた事から、数年をかけて徐々に全国に広がった後に、現在のホワイトデーとなりました。ホワイトは、人名であるバレンタインとは全く関連の無い言葉ですが、マシュマロの白がホワイトデーの語源になったものと思われます。その結果、ホワイトデーという名称が一般的になった現在でも、発祥は福岡市の和菓子メーカーが発祥とされています。

人気記事ランキング